■豊胸手術の色々■

メンテナンスについて

豊胸手術を行うというのは、一度受けたらそれで終わりというわけではありません。実際にはメンテナンスが必要になります。このメンテナンスについて紹介します。シリコンバッグ挿入手術は、シリコンを使っていることもあり、シリコンが傷んだり変形、破裂などした場合には交換する必要性が出てきます。こういう意味でのメンテナンスが必要であることに加えて、10年から15年で寿命が来ますから、その際にも交換をしなければなりません。

ヒアルロン酸注入手術に関しては、1年から2年程度で体内に完全にヒアルロン酸が吸収されてしまうため、胸の大きさも元に戻ってしまいます。維持のためには、この期間で再度ヒアルロン酸注入が必要になりますが、こちらに関してはメンテナンスの必要性はないと思っておいて構いません。

脂肪注入手術に関しても、体内のいらない部分の脂肪を胸に持ってくるものです。脂肪は自分の身体ですから、身体が慣れることができれば、特に問題はありません。実質的にメンテナンスの必要はないと思っておいて構いません。メンテナンスをきちんとすれば、常にきれいな身体を維持することが出来ます。豊胸手術の後には、こうしたことをしなければならないことをしっかりと理解しておきましょう。